ハムスターのダニ症状とは?引き起こされる危険なトラブル!

ダニは身近な虫です。

小さいからこそどこにでもいることが
できるんですが、中には生き物に咬みついたり
吸血するダニもいます。

ハムスターも例外ではなく、
大量の吸血ダニに寄生されると
貧血してしまうことも

どのようにしておうちのハムスターを
ダニから守れば良いのでしょうか。

そこで、ハムスターのダニに寄生されたときの
症状や対策を紹介していきます。

ダニによっては人にも咬みつくので、
ハムスターのためにも自分のためにも
症状や対処を覚えておきましょう。


ハムスターがダニに刺された時に出る症状とは?

ハムスターがダニに刺されたとき、
どのような症状が出るんでしょうか。

ダニは動物の身体に咬みついて、
そこに頭を刺して吸血します。

聞いただけで痒くなってきますね。

でも、ハムスターなど小さな動物では
痒いだけでは済まないこともあるんです。

1.皮膚のかゆみ

一番出やすいのは皮膚のかゆみです。

小さな傷がダニに咬まれたことでできるので、
そこがまずムズムズします。

更にダニの唾液に対して身体の炎症細胞
反応するので、かゆみが一層強くなるんです。

カイセンなどはかゆみが強いダニの代表で、
痒みで動物が眠れなくなるほどの
ストレスを与えます。

これに寄生されると、ハムスターは
自分が出血するのも構わず身体を掻き続けます

2.アレルギー症状

ダニに対して、アレルギーが出る
ハムスターもいます。

身体がダニを拒絶しているので、
ダニのいる環境にいるだけでも
かゆくてたまらなくなります。

かゆみや呼吸器症状が一般的ですが、
ダニが大量にいる場所に行ってしまうと
アナフィラキシーのような
激しい症状を引き起こす危険もあります。

3.貧血

ダニの中には、ホコリやフケを
食べるだけではなく吸血する種類がいます。

マダニが有名ですね。

この種類のダニに大量寄生されると、
小さなハムスターではあっという間に
貧血になってしまいます。

吸血ダニは大量寄生で大きな犬でも
貧血にすることがある虫なので、
全血液が3~4mlくらいしかないハムスターだと
数匹でも危険です。

吸血ダニは恐ろしい病気も媒介するので、
飼い主さんが森や林に行ったあとは
部屋をよく掃除しましょう。

ダニがズボンのすそなど
入っていることがあるんです。

4.皮膚病

ダニが寄生することで、肌の環境は乱れてきます。

ダニの唾液による皮膚炎も起きるし、
強い痒みにより自分で掻いていると
更にひどい傷になります。

ニキビダニが増えてしまった場合にも
皮脂が過剰に出て脂漏症になってしまうことも
あり、皮膚に常在しているダニとはいえ
油断は禁物です。

ハムスターのダニ症状!治療できるの?

ハムスターにとってダニは
外部寄生虫という虫なので、皮膚から
ダニを追いだす必要があります。

犬猫だとシャンプーも使いますが、
水が大嫌いなハムスターでは
現実的ではありません。

ハムスターのダニの治療には、
一般的には飲み薬を使っていきます。

ニキビダニの場合かなり時間がかかることも
ありますが、大抵の子は栄養状態が良ければ
改善することが多いです。

もし改善傾向がみられない場合には、
免疫力が落ちる基礎疾患
あるのかもしれません。

市販の薬は危険!病院へ行くことが大切

市販の薬は病院で処方される薬よりも
濃度が薄いことが多いです。

その副作用が起き辛いということも
あるんですが、成分が複雑なので
肌が弱っているハムスターにとっては
それが負担になることもあります。

ダニの種類によっても治療法は
変わってくるので、ぶつぶつして
湿疹ができてものすごくかゆがっていたら
まずは病院に行ったほうが話は早いです。

ハムスターの病院についても紹介しているので、
チェックしてみてください↓

⇒ハムスターの病院の値段は?病気やケガでの連れて行き方も!

病気になってからよりも、病気になる前に
調べておいた方が安心ですよ♪

ダニの症状は対策よりも予防が肝心

腫瘍などは避けようがないですが、
ダニは外部寄生虫

そもそも寄生されないようにすれば
症状は出ません。

ハウスダストマイトや吸血ダニの予防には、
お部屋をキレイに掃除しましょう。

ハムスターにアレルギーの気があるなら、
空気清浄機も稼働させることをおすすめします。

ニキビダニは増えすぎないように
皮膚の環境を整えるのが大切で、
栄養バランスのとれた食事
スキンケアを行ってください。

ハムスターのダニの駆除についても
紹介しているので、チェックしてみてください↓

⇒ハムスターのダニの駆除!安全な3つの対策法とは?

小さな動物だからこそ、なるべく
安全な方法から試したいですよね。

まとめ

ハムスターにダニがついたり増えたりすると、
治療が結構大変なので予防を頑張りましょう。

ポイント
  • ダニにも色々いるが、出やすい症状はかゆみ
  • 吸血ダニの寄生は命の危険もある
  • ダニがついたり増えたりしないように、
    予防が大切

可愛いハムスターの皮膚がボロボロになって、
かゆみに苦しんでいるのって見ていて辛いです。

ハムスターはストレスに弱いので、
かゆみストレスもすごく心配。

症状が軽いうちに治療を開始して、
再感染しないよう環境を整えましょう。



ペットの『臭い』が気になる人必見!

ハムスターは小さい体でとても可愛らしいですが

意外に『臭い』が強い動物なので
洗濯物やソファの臭いが気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ハムスターの体臭対策に使える
・衣類に臭いがうつらない ・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などハムスターがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒やカラダのお手入れにも使えます。



病気



ハムきちといっしょ
タイトルとURLをコピーしました