ハムスターの病院の値段は?病気やケガでの連れて行き方も!

ハムスターは生きているので、
どうしても病気になってしまうことがあります。

しかも、身体が小さいので調子を崩すと
あっという間に体力を奪われてしまうんです。

早めに病院へ連れていくのが大事なのですが、
犬猫と違ってハムスターを病院へ
連れていくときってどうすれば良いのか
想像しにくいですよね。

そこで、ハムスターが病気になったときに
どうやって病院へ行けば良いのか、
どのくらいの値段がかかるのかなどを
紹介します。

できればハムスターをおうちに迎える前
病院を捜しておくのがベスト。

意外とエキゾチックを
受け入れてくれる病院って少ないのです。


ハムスターの病院での治療費はいくらかかるの?

ハムスターは犬や猫とも大きさが違うし、
身体の構造も少し違うので病院に行った時の
治療費などは気になりますよね。

病院によってもかなり違いがあるのですが、
大体一般的にはこの位、
という費用を紹介します。

実は動物病院はサービス業という区分なので、
診療費は自由診療なんです。

一方人間の医療は医療業という区分で、
点数で値段が全国統一で決まっています。

1.診察料

ハムスターの診察料は、大体どこの病院でも
犬や猫と同じ価格に設定しています。

大体500~1500円くらい

身体が小さいからと言って、動物ごとに
診察料を変えている病院は
あんまりないのではないでしょうか。

2.処置・検査料

ハムスターの処置料と検査料は、
犬や猫よりも安いことが多いです。

おそらく、大多数の病院がそんな感じ。

これは、使う薬などが少なく済むためです。

でも極端に安いわけではなく、
動物病院は基本的に高いということは
念頭に置いておきましょう。

保険に入っている子なら、
治療という区分であれば保険が適応されます。

3.お薬代

ハムスターのお薬代も、犬や猫よりも
安く済みます。

上記の理由と同じで、使う量が少ないからです。

おそらく一種類あたり1000~2000円くらい
です。

原価が高い薬は高くなってしまうことが
ありますが、どんなお薬を使うかは
獣医師と相談してください。

4.手術が必要になる場合も

病気によっては手術が
必要になる場合があります。

手術の費用も、犬や猫よりも安めです。

大体10000円から

内容によっては高額になることもあります。

漫画のドリトル先生(獣医ドリトル)ほどの
高額ではないと思うので、あそこまでの
覚悟はしなくて大丈夫です♪

でも、麻酔のリスクや手術のストレスなどは
犬猫よりも大きいです。

値段よりも、おうちの子にとって
何がベストかよく考えましょう。

ハムスターの病院への連れて行き方!どうすれば安全?

ハムスターを病院へ連れていくといっても、
どうやって連れていけばよいのか
ちょっと想像し辛いですよね。

ケージ丸ごとでも良いんですが、
大きなケージだと持っていくのがひと苦労です。

ハムスターの病院への連れて行き方
いくつか紹介します。

1.ケージのまま連れて行く

おうちで使っているケージごと連れて行く方法。

この連れて行き方は、ケージをそのまま
持っていけるのでハムスターにとっても
飼い主さんにとってもストレスが少ないのが
メリットです。

でも、ケージが大きかったり
ハムスター用のトンネルなどあると
診察のときに捕まえるのがかなり大変です。

2.別の箱や入れ物に入れ替える

おうちのケージよりも、少し小さめの入れ物に
入れ替える方法です。

この連れて行き方は診察が楽というのが
メリットです。

ただ、おうちで入れ物に移すのが
少し大変かもしれません。

また、フタがしっかり閉まらない入れ物だと
逃げてしまう危険性をはらんでいます。

3.連れて行く時の注意点

連れていくときには、給水器や床材など
いつも使っているものを設置しましょう。

ハムスターは環境の劇的な変化に敏感なので、
いつもの匂いや環境が少しでも保たれているのが
ストレスを軽減させるコツです。

連れて行き方は色々ありますが、
ハムスターにストレスが少ない方法を
選んであげてください。

ハムスターの病院!連れて行くことになる前に

ハムスターを病院へ連れて行くと言っても、
そもそもどこに連れていけば良いのか
土壇場でないと考えない人が多いです。

ハムスターが調子を崩す前にやっておいたほうが
良いこともあるので、紹介します。

1.ハムスターを診れる病院を見つけておく

ハムスターはエキゾチックアニマルの区分です。

そして、獣医師は基本的に大学では
エキゾチックアニマルの勉強はしません。

獣医師になってから、セミナーや本で
彼らのことを勉強するんです。

そのためハムスターを診れる獣医師と
診れない獣医師がいるので、
ハムスターを飼う前に診察してくれる病院
探しておきましょう。

そのほうが、いざ体調を崩したときに安心です。

2.ハムスターを夜間に診れる救急病院を探す

動物病院は、大体が9:00~20:00くらいの
診察時間です。

でも、ハムスターが都合よくその時間帯に
体調を崩すなんてことはあんまりありません。

緊急性がないなら翌日に病院へ行けば良いですが、
直腸脱など早く処置しないといけない
ものもあります。

そんな時にために、エキゾチックアニマルを
夜間でも診てくれる病院を探しておきましょう。

まとめ

ハムスターの病院事情は押さえられましたか?

  • 診察料を犬猫と同じだけど、薬代などは安め
  • 病院に連れて行くときはストレスを最小限にする
  • エキゾチックを見てくれる病院を捜しておく

エキゾチックアニマルは飼い主さんの管理により
体調の良い悪いが顕著に出やすいので、
自分でも勉強しましょう。

ハムスターの病気の症状や対策も
紹介しているので、こちらのページも
チェックしてみてください↓

⇒ハムスターの病気の症状!予防方法と対策をご紹介!

症状だけでも知っておくと、役に立つとき
1度はあるはずです。



ペットの『臭い』が気になる人必見!

ハムスターは小さい体でとても可愛らしいですが

意外に『臭い』が強い動物なので
洗濯物やソファの臭いが気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ハムスターの体臭対策に使える
・衣類に臭いがうつらない ・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などハムスターがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒やカラダのお手入れにも使えます。



病気



ハムきちといっしょ
タイトルとURLをコピーしました