ハムスターのために衣装ケースを改造!?目からウロコの飼育方法

ハムスターのケージをどんなものに
しようかと悩んでいる人も
多いのではないでしょうか?

ペットショップへ行くと、
プラスチックと金網のケージが
主流ですが、

「もっとハムスターにとって
快適なケージを作ってあげたい」
と考えている人もいますよね。

そんな人におすすめなのが、
衣装ケースを改造して作る
ハムスターケージです。

少し手間は掛かりますが、
愛情たっぷりの、すごしやすい
ケージを作ることができます。


衣装ケースの改造方法!どうやって使うの?

衣装ケースを改造すると言われても
どのように改造するの?
どのように使うの?と
疑問に思いますよね。

衣装ケースをそのまま使う
のではなく、衣装ケースのフタを
改造し、網を張らなければ
いけません。

衣装ケースに穴を開けるための
キリと結束バンド、ハムスターが
齧っても壊れない、丈夫な網を
用意しましょう。

  1. まず、衣装ケースのフタを
    四角くくりぬき、網をのせます。
  2. キリで穴を開け、結束バンドで
    衣装ケースと網をしっかりと固定
    したら、衣装ケースの改造は
    ひとまず完了です!

ハムスターを飼育するのに最適な衣装ケースの選び方は?

ハムスターを飼育するのに最適な
衣装ケースは、ある程度の高さが
あるものです!

もしも衣装ケースの高さが
足りない場合、ハムスターが脱走
をしてしまう可能性があります。

最近は、高さがあまりない
衣装ケースもありますが、
ハムスター用のケージにする際には
高さに注目して選んでみて
くださいね!

ハムスターを衣装ケースで飼育するメリットは?

ハムスターを衣装ケースで
飼育してみたいと思っている人は
増えてきています。

初めて衣装ケースで飼育をする人が
気になることは、
「どんなメリットがあるのか」
ではないでしょうか。

ここでは、衣装ケースでハムスター
を飼育するメリットについて
詳しく説明していきます。

運動やレイアウトがしやすい広さ

まず、1つ目のメリットは
運動やレイアウトがしやすい
というものです。

ペットショップで販売されている
ハムスターケージは、広さが
あまりなく、ハムスターが十分に
運動できないことがあります。

また、レイアウトもあまり自由に
できず、不満が出てくることも
あるでしょう。

衣装ケースで飼育をすれば、
広さがあるので運動ができ、
好みのレイアウトにすることも
十分に可能です。

値段が比較的安い

2つめのメリットは、
値段が比較的安いというものです

大きなハムスターケージを
買うとなると、それなりにお金が
掛かってきます。

ですが、衣装ケースなら
2000円ほどで十分な大きさ
ものを購入することが
できるでしょう。

穴を開けるためのキリや結束バンド
網などを揃えても、3000~4000円
でおつりがきます。

もし、同じような作りの水槽ケージを
購入するとなれば、10000円を
ゆうに超えるので、比較的安いと
いえるのではないでしょうか。

掃除しやすい

3つ目のメリットは
掃除がしやすいというところです

ハムスターに限らずですが、
生き物を飼うときに、飼い主が
「面倒だな」と思ってしまうのは、
掃除ではないでしょうか。

衣装ケースなら、掃除がしやすく
飼い主の負担も少なくなります。

壊れにくい・脱走しにくいので安全

4つ目のメリットは
壊れにくく、脱走しにくい
というとことです。

プラスチックに金網のケースだと、
齧られて壊れてしまった!
脱走を覚えてしまった!という
ことがあります。

衣装ケースなら、最初さえしっかり
と作れば壊れにくく、高さがある
ので脱走もしにくくなっています。

自分好みに改造できる

衣装ケースをケージにする
最大の楽しみは、自分好みに
改造ができるというところです。

基本は衣装ケースのフタを切り、
網を固定するというものですが、
観察窓を作ったり、遊具を直接
取り付けたりと自分の好きなように
レイアウトできます。

自由度の高いケージがほしい
というなら、衣装ケースを
ケージにするのがおすすめです。

ハムスターを衣装ケースで飼育するデメリットはあるの?

ここまでは、ハムスターケースを
衣装ケースで飼育するメリットを
紹介していきました。

ここまで聞くと、
「衣装ケースをケージにするのって
いいことばかりじゃん!」
思ってしまいますよね。

ですが、実はデメリットも
結構あったりするのです…

ここでは、衣装ケースで
ハムスターを飼うデメリット
についてお話をしていきます。

改造しないと使えない

まず、衣装ケースをハムスターの
ケージにする場合、
絶対に改造しなければ飼うことが
できません。

自分で改造するのが
難しいというなら、衣装ケースでの
飼育はあきらめましょう。

床の面積が大きいので床材がたくさん必要

衣装ケースのケージは、
ペットショップで販売されている
ケージと違い、床の面積が
大きくなっています。

その分、床材をたっぷりと
使わなければいけなくなるでしょう

床材の分、飼育費用が
高くなりますので、安く済ませたい
という人は検討しなおして
みてはどうでしょうか。

夏は熱がこもりやすいため工夫が必要

衣装ケースで作ったケージは、
夏は熱や湿気がこもりやすく
なってしまいます。

そのため、クーラーを除湿にする
など工夫が必要になってきます。

ハムスターは、湿気や
暑さに弱いので、しっかりと
管理できる人のみ、
衣装ケースで飼育することが
できるでしょう。

ハムスターにも夏の対策!暑さを乗り切る方法やグッズを紹介

こちらでは、ハムスターが夏に
快適に過ごせる方法を
ご紹介しています!

冬は広すぎると寒い

先ほど、夏は熱や湿気が
こもりやすいとお話をしましたが、
冬は広すぎると寒いという
デメリットがあります。

床材をたっぷり入れたり、
ペット用ヒーターを設置したり、
暖房をつけて室温を
コントロールする必要が
あるでしょう。

ハムスターの飼い方!冬の寒さ対策はどうすればいい?

先ほど紹介したのは
夏の対策でしたが、
こちらでは、ハムスターが夏に
快適に過ごせる方法を
ご紹介しています!

半透明のものが多く中が見えにくい

衣装ケースは、広くてハムスターに
とってはとても素敵な環境を
作ることができます。

ですが、半透明なものが多く、
ハムスターの様子をよく見ることが
できないというデメリット
もあるのです。

ハムスターの様子を見たい
というときには、観察窓をつけたり
透明な衣装ケースを使うなどの
工夫が必要になってきます。

まとめ

ここでは、衣装ケースを
ハムスターケージにした場合の
メリット・デメリットについて
詳しくお話をしてきました。

十分に運動できる広さがあり、
掃除がしやすく、脱走もしにくい
衣装ケースを改造したケージは
ハムスターにも飼い主にも
優しいと言えそうです。

その点、温度管理が難しく、
改造をしないといけないので、
面倒くさがりには
向いていないとも言えるでしょう。

メリットもデメリットもある
衣装ケースを改造した
ケージを使うなら、
よく検討することを
おすすめします

ここでは、衣装ケースを改造した
ケージのメリットやデメリットを
たっぷり紹介していきました。

ハムスター用品は100均で揃えられる!?激安飼育のすすめ!

こちらは、できるだけ安く
飼育用品を揃えたい人に
おすすめの記事です!



ペットの『臭い』が気になる人必見!

ハムスターは小さい体でとても可愛らしいですが

意外に『臭い』が強い動物なので
洗濯物やソファの臭いが気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ハムスターの体臭対策に使える
・衣類に臭いがうつらない ・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などハムスターがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒やカラダのお手入れにも使えます。



ケージ



ハムきちといっしょ
タイトルとURLをコピーしました