ハムスターの掃除のタイミング!BESTな頻度や時間帯は?

ハムスターは飼育スペースを
広く必要とせず、鳴かないため
非常に飼いやすい生き物です。

しかし、ネズミ特有の尿は臭いが強く
掃除をしないと悪臭の原因に繋がります

ハムスター小屋の掃除は
どのくらいの頻度やタイミングで
行うことがよいのでしょう。

この記事では、掃除のタイミング
頻度、時間帯についてまとめました


ハムスターの掃除の頻度はどれくらいがBEST?

ハムスターの小屋の掃除は、毎日行うものと、
2週間から1月に1度のペースで行うもの

あります。

トイレや餌箱は毎日掃除をしないと不衛生
になってしまいますし、
床材などは掃除をし過ぎることで、
かえってストレスになってしまいます。

ここでは、正しいハムスター小屋の掃除方法を
紹介します。

掃除する場所ややり方によって頻度を変えるべき?

ハムスターのケージには寝床やトイレを始め、
回し車や床材など、様々な飼育用品が
置かれています。

飼育用品によっても、掃除の頻度は異なります。

1.ケージ全体の大掃除

床材を含めたケージ全体の掃除は、
2週間から1月に1度の頻度

行うことがベストです。

1度ケージ内の飼育用品を撤去し
床材をすべて取り除きます。

ケージを熱湯か日光消毒したのち
床材を再度敷き詰め飼育用品を
元に戻します。

注意点としては床材を
すべて新しくしてしまうと

自分の臭いが消えてしまい
ストレスを感じてしまいます

床材の綺麗な部分を3分の1ほどとっておき、
新しい床材と混ぜてあげると安心です。

2.ハウスの掃除

ハムスターはトイレを覚えますが、
必ずトイレで排泄を
行うわけではありません

更に、寝床であるハウスは
便をしたり餌の貯蔵をしたりします。

これらを放置しておくと悪臭の原因になるほか、
湿気がたまってしまうなど不衛生な環境になってしまいます。

ハウスは毎日掃除をして
清潔に保つ
必要があります。

3.トイレ掃除

ハムスターはトイレを覚えることができます。

ハムスターの尿は臭いがきつく
悪臭の原因にも繋がるため、

毎日トイレの砂を新しいものに
取り換える必要があります

基本的に砂をすべて交換しても
臭いは多少残りますので、
ハムスターがトイレを
忘れてしまうことはありません。

トイレ掃除をもっと詳しく知りたい方は
こちらがおすすめです。

⇒ハムスターのトイレ掃除の頻度はどのくらい?砂交換のタミングも

4.餌入れの掃除

ハムスターの餌は湿気に弱く、
すぐに傷んでしまう物も少なくありません。

また、寝床や床材の中に
餌を貯蓄する習性もあります。

毎日餌を新しいものに取り換え
貯蓄してあるものも取り除きましょう。

BESTな掃除の頻度はハムスターの種類で変わる?

ハムスターは

  • ゴールデンハムスター
  • ジャンガリアンハムスター
  • ロボロフスキーハムスター

この3種類がメジャーな存在です

体の大きなゴールデンハムスターは、
それだけ排泄物の量も多くなります。

しかし、いくら体の小さなハムスターでも、
トイレや餌箱の掃除は毎日必要です。

中にはトイレを覚えない個体もいますので、
その場合は床材の交換頻度が高まります。

ハムスターは種類で掃除の
頻度は多少変わるものの

個体によって左右されるほうが大きい
といえます。

ハムスターの掃除のタイミングはいつが良い?時間帯に決まりはある?

ハムスターは夜行性の生き物ですので、
日中は眠っていることがほとんどです。

このタイミングで掃除を行うことは
ハムスターにとって大きな
ストレスになってしまいます。

掃除をするタイミングは、
ハムスターが活動する
夕方から夜がベストです。

まとめ

臭いを防ぐことや衛生面を考えると、
トイレや寝床、餌箱の掃除は毎日行うことが
おすすめです。

ハムスターは湿気に弱いため、
梅雨の時期や夏場は特に注意が必要です。



ペットの『臭い』が気になる人必見!

ハムスターは小さい体でとても可愛らしいですが

意外に『臭い』が強い動物なので
洗濯物やソファの臭いが気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ハムスターの体臭対策に使える
・衣類に臭いがうつらない ・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などハムスターがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒やカラダのお手入れにも使えます。



飼い方



ハムきちといっしょ
タイトルとURLをコピーしました