ハムスターを埋葬する方法は?最後のお別れに必要な土や道具

大切なハムスターが亡くなってしまうことは、
とても悲しいことです。

しかし、悲しんでばかりはいられません。

飼い主さんは、大切なハムスターへできる
最後のお世話として、お別れをして埋葬をし、
供養をしなくてはいけません。

大切な亡骸を埋葬するには、
どのような方法で
行うことがよいのでしょうか。

また、マンション住まいなどで
庭がない場合には、
どのような埋葬方法があるのでしょう。

この記事では、
ハムスターの埋葬方法をまとめました。


ハムスターを埋葬する方法!

ハムスターを自宅に埋葬するには、
どのような手順で行えばよいのでしょう。

ここでは、庭への埋葬方法を紹介します。

1.ハムスターの埋葬に必要な土の量と種類

ハムスターの亡骸を埋める場所としては、

  • 自宅の庭
  • プランター
  • ペット霊園

が代表的です。

この中で自宅の庭とプランターには、
土が必要です。

使用する土は腐葉土と堆肥がおすすめです。

堆肥には亡骸を分解する微生物が
多く住んでいるため、
土にかえるのを早めてくれます。

腐葉土や堆肥は園芸コーナーなどで
販売されています。

ハムスターを埋めてもある程度
余裕のある広さと土の量が必要です。

2.穴の深さはどれくらいが良い?

庭に埋める場合には、
0.5~1mの深さが必要になります。

雨風、猫やカラスなど
ほかの動物に掘り起こされないよう、
しっかりとした深さが必要です。

3.埋葬は箱に入れてから

庭に埋める場合には、棺の代わりに
「箱」に入れてあげるとよいでしょう。

箱に使用する素材は段ボールなど
紙でできたものがおすすめです。

必ず土にかえる素材の箱
使用するようにしましょう。

箱の中には花や大好きだった餌なども
入れてあげるとお供えになります。

4.墓石を用意する

ハムスターは複数飼育する方も多いと思います。

ここにどの子が眠っているのか、
またお墓であることを
明らかにしておくためにも、
墓石を置くことをおすすめします。

墓石は墓石を扱うお店や、インターネットなどで
ペット専用のものを作ることが可能です。

金銭的に余裕がない場合には、
目印になるような石でも代用できます。

5.埋葬後の土は高く盛る

ハムスターを埋葬した後は、
お墓であることの証として
土を高く盛りましょう。

あまり固くかためてしまうと、
線香などがささらなくなってしまうため、
適度な固さで固めるようにしてください。

マンション住まいならプランターに!公園に埋めるのは犯罪!?

所有地に庭がない場合には、
プランター葬がおすすめです。

プランター葬とは、植木鉢に亡骸を
埋葬する方法です。

大き目の植木鉢に土と亡骸を入れて
お墓を作ります。

プランター葬であれば場所をとることもなく、
マンション住まいでも自然にかえすことが
可能です。

マンション住まいの方で気を付けたいのが、
公園や花壇など公共の場所に
亡骸を埋葬することです。

公共の場に動物の亡骸を埋めることは、
軽犯罪法に違反します。

必ず所有地内で埋葬を行うようにしてください。

ハムスターが死んだらどうしたらいいの?
そんな方はこちらの記事もおすすめです。

⇒ハムスターが死んだら!?マンションでの死後の対応も

ぜひ参考にしてみてくさい。

ハムスターのお墓に虫が発生!防止する方法はある?

プランター葬に多いトラブルが
虫が湧いてしまうことです。

このトラブルを避けるためには、

  • 植木鉢の底の穴にネットを敷く
  • 植物を植えない
  • 風通しの良い場所に置く
  • 土の上に玉石などを敷く

ことです。

鉢植えの底には水を切るための
穴が開いています。

穴の上に園芸用などのネットを敷くことで、
虫の侵入を防ぐ効果があります。

また、花などの植物には虫がつきやすく、
水をあげるため土に虫が湧いてしまう
場合があるためおすすめできません。

じめじめした場所は土に虫が湧いて
しまいがちです。

プランターを置く場所は風通しの良い
涼しい場所がおすすめです。

また、土の上に玉石やビー玉などを
敷き詰めることで、土の表面からの
虫の侵入を予防することができます。

プランター埋葬で土に還るまでの時間

プランター葬の場合、
ハムスターが完全に土にかえるまでには
10~20年と、長い年月を必要とします。

使用するプランターはプラスチック製よりも、
耐久性があり変形しにくい
陶器製がおすすめです。

しっかり供養してあげたいなら樹木葬がおすすめ

しっかりと供養をしたいのであれば、
ペット霊園を利用する方法もあります。

中でも自然にかえすことのできる
樹木葬専門【アンデルセンペット霊園】は、
ペット霊園の中でも人気があります。

庭やプランター葬よりも価格は高くなりますが、
専門のスタッフが常駐しており、

毎日しっかりと供養や手入れをしてくれるため、
安心して任せることができます。

アンデルセンペット霊園の詳細を
公式サイトからチェックしてみてください。

⇒アンデルセンペット霊園の公式サイトで詳細をチェックする

料金や利用方法などを紹介しています。

まとめ

ハムスターの埋葬には

  1. 自宅の庭に埋める
  2. プランターに埋める
  3. ペット霊園を利用する

この3つの方法が代表的です。

自分の環境に合った埋葬法を選び、
大切なハムスターの亡骸を
眠らせてあげましょう。

公園や花壇など、公共の場に亡骸を
埋めることはできません。

かならず所有地に埋葬し、
所有地がない場合には
ペット霊園を利用する方法もおすすめです。

最後までしっかり埋葬、供養をしてあげれば、
天国のハムスターもきっと喜んでいるはずです。

ハムスターの寿命や亡くなる前の症状
などについては
こちらの記事がおすすめです。

⇒ハムスターの寿命と亡くなる前の症状を詳しく紹介!

こちらの記事に詳しく紹介してあります。
ぜひ参考にしてみてくさい。



ペットの『臭い』が気になる人必見!

ハムスターは小さい体でとても可愛らしいですが

意外に『臭い』が強い動物なので
洗濯物やソファの臭いが気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ハムスターの体臭対策に使える
・衣類に臭いがうつらない ・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などハムスターがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒やカラダのお手入れにも使えます。



寿命



ハムきちといっしょ
タイトルとURLをコピーしました