ハムスターボールは危険!?安全に遊ぶ方法はある?

ハムスターが入って、コロコロと
走るハムスターボール
購入してみようかな?と
考えている人もいるのでは
ないでしょうか。

ハムスターボールに入っている
ハムスターは、いつもより一層
可愛く見えますよね。

そんなハムスターボールですが、
危険がいっぱい潜んでいたのです。

ここでは、ハムスターボールが
危険な理由と、ハムスターボールの
メリット・更には、安全に遊ばせる
方法についてご紹介していきます。


ハムスターボールのデメリットは?どうして危険なの?

ペットショップでよく販売
されているハムスターボールを
可愛いな、散歩させるのに
便利そうだなと思ったことは
ありませんか?

ハムスターボールは、ボールにさえ
入れていれば安全に散歩をさせる
ことができると思われがちです。

ですが、本当はデメリットもあるし、
危険も多い道具だということを、
ここで詳しくご紹介していきます。

ヒゲの方向感覚がなくなる

ハムスターは、ヒゲで方向感覚を
察知しているといわれています。

ハムスターボールに入れてしまうと、
方向感覚がなくなってしまい、
迷子になっていると錯覚
してしまうのです。

「元いた場所に戻れない!」
というのは、ハムスターにとって
気分の良いものではありません。

そのようなことにならないように、
ハムスターボールの使用は控えた
ほうがいいのかもしれませんね。

止まりたい時に止まれない

ハムスターボールは、ハムスターが
止まりたいときに止まれない
というデメリットがあります。

コロコロところがってしまい、
どこかにぶつかるまで
止まれないというのは人間だって
嫌ですよね。

ハムスターも同じです。

壁や家具にぶつかった時の衝撃が大きい

ハムスターボールは、止まるときに
壁や家具にぶつかってしまいますが
このときの衝撃は想像以上に
大きくなっています。

ハムスターボールの中で転んで、
最悪の場合骨折してしまった……
ということもありますので、
ハムスターボールの使用には
注意しなければいけません。

ハムスターにストレスを与える

ハムスターボールで散歩をすれば
運動不足も解消されて、
ストレスがたまらないのでは?
考える人もいるでしょう。

ですが、実は、全くの逆だった!
なんてこともありえます。

ハムスターボールは、
方向感覚を狂わせ、
止まることができず、
止まったときの衝撃も大きい
飼育用品です。

ストレスを解消させてあげようと
思っていたはずが、ハムスターに
ストレスを与えてしまってた
なんてことも多々あります。

ハムスターボールにメリットはないの!?

ここまで、ハムスターボールの
デメリットについて
ご紹介していきました。

「じゃあ、ハムスターボールには
いいところなんてないの!?」
思ってしまった人もいるでしょう。

確かに、危険が思った以上に多い
ハムスターボールですが、
販売されている以上メリットも
もちろんあります!

ここでは、ハムスターボールの
メリットについて
ご紹介していきます。

家具の隙間など狭い所に入るのを防止できる

ハムスターの散歩をさせていて、
困ってしまうことの1つに
「狭い隙間に入ってしまう」
というものがありますよね。

たんすとたんすの間、本棚の間、
思いがけない隙間など、
ハムスターを散歩させるには危険
がいっぱいです!

ハムスターボールなら、家具などの
狭い隙間に入ることを
防いでくれるので、
「あれ!?どこいった!?」と
いうことありません。

散歩中に踏みつけてしまう事故を防止できる

ハムスターは、とても小さく、
ちょこまかと歩くので
「気をつけていたのに
踏んでしまった」という事故
起きてしまうことがあります。

ハムスターを踏んでしまうと、
怪我をさせてしまう
骨折させてしまう
最悪の場合死んでしまう
なんてこともあります。

ハムスターボールに入れておけば、
踏みつけてしまうということが
ありません。

安全に散歩をさせることができる
というのは、十分なメリット
ではないでしょうか。

電気コードをかじるなど危険な行為を防止できる

ハムスターを散歩させていて、
気をつけなければいけないことの
1つに、電気コードなどの
危険なものを齧らせない
というものがあります。

もし、電気コードを齧って
しまったら感電してしまったり、
火事の原因を作ってしまうこと
もあるでしょう。

ハムスターボールに入っていれば、
電気コードを齧ることはないので、
安心してみていることができます。

ハムスターは頭が良い!ボールにも慣れることもある

ハムスターは、人が思っている
以上に賢く、頭が良い動物です。

最初はハムスターボールに
戸惑っていても、だんだんと
慣れてくるということもありえます

ですが、これは皆がそうである
というわけではなく、あくまで
「慣れる子もいる」という
だけなので、ハムスターボールに
入れるかどうかは飼い主の
判断になるでしょう。

ハムスターボールで安全に遊ばせる方法は?

「メリットが魅力的だから、
ハムスターボールを使いたい!」と
いう人もいますよね。

確かに、ハムスターボールは使い方
さえ間違わなければハムスターを
安全に散歩させることができます。

では、「安全に」遊ばせるためには、
どのような工夫をすればいいのかを
ここでご紹介していきたい
と思います!

ダンボールなどで囲いを作りハムスターボール用の広場にする

1つ目の安全に遊ばせる方法は、
ダンボールなどで囲いを作り、
ハムスターボール用の広場
にするというものです。

このときに、犬用サークルなどで
代用しようとする人がいますが、
ぶつかったときの衝撃が
大きくなってしまうので
あまりおすすめできません。

ダンボールのように、
できるだけ柔らかいものを
使うようにしてくださいね。

ハムスターボール用のレールを使用する

インターネットなどを調べて見ると
ハムスターボール用のレール
というものが販売されています。

レールさえ使えば、
壁にぶつかることもなく、
ずっとコロコロと散歩をすることが
できる優れものです。

ハムスターボールとレールセット
もあるし、レールだけでの販売も
しています。

ボールとレールのサイズが合うか
どうかをしっかりと確認してから
購入するようにしてくださいね!

まとめ

ここでは、ハムスターボールの
デメリットと安全に遊ぶ方法
についてご紹介していきました。

ハムスターボールは、確かに便利な
飼育道具ですが隙間があると足が
挟まり骨折してしまったり、
ハムスターのストレスになって
しまうこともあります。

ただ、狭い隙間に入らない
踏むことがないなどのメリットも
あるので、使いたいという人も
多いのが現状です。

ハムスターボールを使う場合は、
足を挟みそうな隙間がなくて、
安全性の高いものを選ぶなどの
工夫も必要になってくるでしょう

ここでは、ハムスターボールの
危険性や、メリットについて
お話をしていきました。

ハムスターの散歩の時間はどのくらいがBEST?そもそも必要なの?

こちらでは、ハムスターの
散歩の時間について詳しく
説明をしています!



ペットの『臭い』が気になる人必見!

ハムスターは小さい体でとても可愛らしいですが

意外に『臭い』が強い動物なので
洗濯物やソファの臭いが気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ハムスターの体臭対策に使える
・衣類に臭いがうつらない ・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などハムスターがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒やカラダのお手入れにも使えます。



飼い方



ハムきちといっしょ
タイトルとURLをコピーしました