ハムスターの目やにの原因は?病気の可能性もあるの!?

ハムスターの目に目やにが出ていた。

ゴミでも入ったのかな?と思っていたら
なんだか見た目もおかしいかも・・・
なんてことありませんか?

もしかしたら、目の病気かもしれません。

ハムスターの目はちょっと出ているので
怪我もしやすいんですが、
病気になることもあります。

そこで、ハムスターの目に目やにが出ている時、
考えられる病気を紹介していきます。

完治できるものもできないものもありますが、
なるべくハムスターに快適な生活を
送ってもらえるよう治療しましょう。


ハムスターの目やにの主な原因は?

ハムスターに目やにがたくさん出ている時、
大多数の原因は外界からの刺激であることが
多いです。

ハムスターの目って少し出てますよね。

そのため、ホコリが入ったり藁が刺さったり
といった外傷が多くなります。

目に傷がつくと目やにが多くなることが多く、
ハムスターも目を気にして掻いたりします。

執拗に顔を洗っていたら、
ハムスターの顔をじっくり見てみましょう。

ハムスターの目やには病気が原因の可能性もある!

ハムスターに目やにが出ているとき、
もちろん病気のこともあります。

小さい目なのでできる検査や処置も
限られてしまいますが、放っておくと
失明したりすることもあるため
放置してよいものか治療が必要かという判断は
病院でしてもらいましょう。

1.白内障

白内障とは、目のレンズが白く濁ってしまう
病気です。

老化によってもなるし目に傷がついたりした
後遺症でもなることがあり、
重症化すると目が見えなくなります

老化の場合には仕方がないことなので、
放っておきます。

ハムスターの行動範囲のケージの中だけですし、
目が見えないからといってそこまで
不自由はしないからです。

2.角膜炎

角膜炎は、角膜に傷がついてしまったことで
起きることが多いです。

痛みがあるのでハムスターは
顔を執拗に洗ったりします。

これが重症化するとブドウ膜炎という
更に深いところの炎症につながるので、
早めに目薬で治療を開始しましょう。

あまりにも顔を洗う子はそれで傷を広げることが
あるので、短期間だけエリザベスカラーを
付けることもあります。

3.結膜炎

症状としては、ハムスターが
目を気にして顔を洗うという
角膜炎と似た感じです。

結膜炎は白目の部分に炎症が起きてしまう
病気で、目がむずがゆくなります。

ホコリなどの刺激や、細菌感染が原因。

ハムスターは黒目部分が大きいので
見辛いですが、治療は角膜炎と同じなので
目薬をさします。

あまりにも目を気にする場合には
カラーをつけるのも、角膜炎と一緒です。

4.マイボーム腺腫

目にあるマイボーム腺という分泌腺が
炎症を起こしたり、腫瘍ができたりして
発症するのがマイボーム腺腫です。

ニキビみたいにハムスターのマブタが
ぷくっと一部分腫れていたら怪しいかも。

本人はマイボーム腺腫が大きくなって
目に刺激がないかぎりは気にしたり
しないですが、気にするようなら出血することも
ある
ので炎症を抑えたり
感染を予防したりしましょう。

つぶれて平らになっても、
またできてしまうことが多いです。

5.アデノウイルス

人間に角結膜炎や喉頭炎を起こすことで
有名なウイルスです。

臨床というよりは実験により、
ハムスターにアデノウイルスが
肉腫を形成することが発表されています。

肉腫って言うのは癌のことで、
できるのは特に目に限ったことではありません。

アデノウイルスにはいくつもの型があるので、
家族がアデノウイルスに感染していたから
といって必ずおうちのハムスターに
肉腫が発生するというわけではありません。

ですが、多くの型のヒトアデノウイルスにより
ハムスターへの発癌性が証明されたようなので、
呼吸器系の風邪に感染したら
ハムスターに接する際に注意しましょう。

6.眼球突出

ハムスターの目って、すごく出やすいんです。

歯を切るために首の後ろの皮膚を強くつかむと、
目がかなり出ます。

これを強くやりすぎてしまうと、
眼球突出といって眼球が眼窩(目のくぼみ)から
飛び出てしまいます

目の筋肉は強固なのですが、
一回伸びてしまうと簡単には縮みません。

眼球はかなりもろい組織でもあるので、
眼窩から出るなんて最悪眼球破裂
危険性も出てきます。

ハムスターの目の周囲には、絶対に強い力は
かけないようにしましょう。

7.眼球膿瘍

眼球膿瘍は正式には眼窩膿瘍や眼瞼膿瘍といい、
眼球の周辺に膿が溜まる病気です。

感染や免疫の病気など色々なことが
引き金となって起き得ます。

放っておくと眼球にまで害が及ぶため、
早めに抗生物質を使ったり
外科的に膿を排出させたりする
必要が出てきます。

ハムスターの目は外的刺激を受けやすいので、
寝床は清潔に、刺さりそうな材質のものは
ケージに置かないなど気を付けましょう。

ハムスターに目やに!目やにの状態や他の症状で病気がわかる!?

色々な病気があることが分かりましたね。

でも、その症状って
どんなものが出るんでしょう?

ハムスターに限らず目の病気は
目やにや充血などの似通った症状が出ることが
多く、その細かな違いで病気を推測します。

特に、ハムスターは小さすぎて眼圧を測ったり
スリットランプなどでのぞいたりが
できないので、見た目からの情報は重要

どんな症状のときにどんなことが考えられるかを
紹介していきます。

1.白い目やに

ハムスターの目から白っぽい目やにが出ている。

これは、大半が生理的なもの
問題がないことが多いです。

一度拭いたりすれば1日はきれいなままだし、
ハムスターも特に目に関して
気にしたりしません。

でも病気の初期のほうで白い目やにが
多くでることもあるので、
量や変化は気にしておきましょう。

2.黄色い目やにや緑色の目やに

黄色い目やにや緑色の目やにが
ハムスターの目から出ていたら、
細菌感染を起こしているかもしれません。

膿ってなんだか黄色や緑色してますよね。

目やにも同じで、感染が起きると
白ではない色になるんです。

3.目やにと一緒に出血もある

目やにと一緒に出血もあったら
ハムスターが目を気にして掻き毟っていたり
目の組織がどこか自壊していたりするかも
しれません。

例えば目に腫瘍があったり
ひどい炎症があったり、見た目からも
異常と思う何かがあることが多いです。

4.目やにに伴い下痢もしている

ハムスターに限らず、多くの動物は
調子が悪くなると目やにが多くなります。

下痢が続いていたり、何か基礎疾患のある
ハムスターは毛並みが悪くなったり
目やにが多くなったりするので、
見た目がきれいなのは体調が良い証拠とも
言えます。

ハムスターは目やにが出やすいの?

環境や体質によっては、健康でも
目やにが出やすいハムスターがいます。

必ずしも病気とは限らないので、
本人が元気なら顔を拭いてやるくらいで
良いと思います。

環境によるものは、もしかしたら
床材などが体質に合わないことも考えられるので
試しに変更してみるのもありかもしれません。

まとめ

ハムスターの目やにが出た時の対処は
ばっちりですか?

  • 目やには健康な状態でも出る
  • 目やには色々な病気が原因で
    出ることがある
  • 目やにの他にも症状を観察してみる

目は動物にとってとても大切な器官です。

普段の生活にも使うし、飼い主さんとの
コミュニケーションにも
アイコンタクトは重要です。

痛かったりするとハムスターにとっても
ストレスフル。

ひどくならないうちに治療し、
少しでも快適に生活できるよう
手助けしましょう。

他の病気についても紹介しているので、
このページもチェックしてみてください↓

⇒ハムスターの病気の症状!予防方法と対策をご紹介!

知っておくだけでも
早期発見につながるかもしれません。



ペットの『臭い』が気になる人必見!

ハムスターは小さい体でとても可愛らしいですが

意外に『臭い』が強い動物なので
洗濯物やソファの臭いが気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ハムスターの体臭対策に使える
・衣類に臭いがうつらない ・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などハムスターがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒やカラダのお手入れにも使えます。



病気



ハムきちといっしょ
タイトルとURLをコピーしました