ハムスターが餌を隠すのはなぜ!?見つけたらどうすれば良い?

ハムスターを飼っていると
必ずと言っていいほど目撃するのが、
ハムスターが餌を隠す行動。

頬袋にたっぷりと餌を詰めせっせと
運んでいる姿、見たことがある方も
多いのではないでしょうか?

とても可愛らしい姿ではありますが、
毎回そのような行動がみられると、

食べたくないのかな?とか
見られたくないのかな?などと、
なんで餌を隠すのか
不安になってしまいますよね。

実はハムスターが餌を隠す行動には
ハムスターが持つ野生の本能が
関係しているのです。

今回はハムスターが餌を隠す理由と、
見つけたときの対処法をご紹介します。

実は餌を見つけた後の対処法も
とても大切なのです。


ハムスターが餌を隠すのはなぜ?どんな理由があるの?

ハムスターが餌を隠すのは、
悪いことをしているわけでも、
飼い主に見られたくないから隠している
というわけでもありません。

ハムスターが餌を隠すのは習性で、
餌を持ち帰り貯蔵することで、
ハムスター自身、安心感を得ているのです。

なぜならハムスターは、もともと
砂漠などの乾燥地帯で生活していたため
毎日必ず餌が見つかる訳ではありませんでした。

そのため食べ物をあるときに
頬袋に詰められるだけ詰め、
巣穴に持ち帰って隠す習性
が身についているのです。

ハムスターにとっては餌を隠す
というよりは貯蔵している
ですね。

飼われているハムスターの中には、
美味しい餌だけを隠す子もいます。

これだけは譲れないという気持ちや、
大好物が自分の近くにあることで
安心しているのでしょう。

また隠すといっても、
分からないようにしっかりと隠す子もいれば、
ただただ集めているだけという子もいます。

餌を隠すということ自体はハムスターの
習性ですが、隠し方や隠すものなどは
その個体の性格も関係しているでしょう。

そしてせっかく貯蔵した餌ですが、
ハムスターはその後その餌には
あまり執着心はありません。

餌をたっぷり隠せたということに安心し、
それで満足しているのです。

ハムスターが餌を隠す場所はどこ?

ハムスターが餌を隠す場所は、
固体や性格にもよりますが、
だいたい決まっています。

ハムスターを飼っている方なら、
なんとなくいつも隠してある場所が
分かっているでしょう。

ここではハムスターが良く餌を隠す場所と、
なぜそこに隠すのかも合わせてご紹介します。

1.ハウス(巣箱)の中

ハムスターが一番良く餌を隠す場所が
巣箱の中です。

巣箱の中をお掃除していたら、
大量の餌が見つかることが良くあります。

野生のハムスターは巣穴に餌を貯蔵しますので、
その本能として巣箱に餌を隠しているのです。

また巣箱はハムスターにとって
一番安全な場所ですので、
そこに貯蔵しておけば
安心と思っているのでしょう。

2.床材の中

掃除をすると、床材の中から
餌が出てくることがあります。

ハムスターは床材の中にも餌を隠します。

床材の中なら誰にも見つからない
思っているのでしょう。

そして床材の中に隠した餌は、
結構忘れられていることが多いです。

巣箱に隠しているものは食べていたとしても、
床材の中から掘り起こして食べることはまれです。

もちろん個体差がありますので、
他のところに餌を隠す癖のある
ハムスターも中にはいるでしょう。

ハムスターが餌を隠すのを発見!どうすればいいの?

ハムスターが餌を隠す理由と場所を
ご紹介してきましたが、
そうなると気になるのが、
見つけたときの対処法ですよね。

ハムスターが餌を隠すのを発見したら、
飼い主はどうすれば良いのでしょうか?

やりがちなのはハムスターを怒ったり、
餌を目の前で取ったりしてしまうことですが、

そのようなことは絶対にしてはいけません。

ハムスターにとって餌を隠すことは習性で、
コントロールできることではありません。

また餌を隠すことで安心感を得ているのに、
それを目の前で飼い主に奪われてしまったら、

ハムスターにとって巣箱が安心できる場所では
なくなってしまうとともに、
飼い主との信頼関係が薄れる可能性もあります。

ハムスターが餌を隠すのを発見したら、
その場は何事もなかったように
見てみぬふりをしてあげましょう。

ハムスターが自分のペースで、
満足するまでやらせてあげることが大切です。

隠した餌をそのままにしておいたらダメ?何が問題なの?

隠していた餌を発見したら、
掃除をして餌を取り除いたり、
新しいのに取り替えることが大切です。

見つけた餌をそのまま放っておくと

  • 餌の品質が悪くなる
  • 虫が湧く可能性がある
  • ハムスターのにおいの原因になる

などの問題が起こります。

せっかくハムスターが頑張って貯めた餌なので、
掃除や捨てるのは可哀想な気もしますが、

こちらが思っている程
ハムスターは貯めた餌に執着心はないので、
あまり心配しなくても大丈夫ですよ。

むしろ問題が起こらないように
こまめに取り除く必要があるのです。

ここではその問題について
詳しくご紹介していきます。

1.餌の品質が悪くなる

ハムスターの餌にはさまざまな種類がありますが、
基本的にどの餌も長い間出しておくと
餌の品質が悪くなります。

特に生野菜やフルーツ、チーズ等の生ものは、
ハムスターが隠していることに気が付かずに
放置すると、すぐに腐ってしまいます。

万が一ハムスターが古くなった物を食べ、
体調を崩してしまっては大変です。

与えてすぐに捨てる必要はありませんが、
隠している場所を掃除の時に定期的にチェックし
古い餌は捨てるようにしましょう。

2.虫が湧く可能性がある

餌が腐れば、当然虫が湧いてしまいます。

特にハムスターの餌には自然由来のものが多く、
腐ってはいなくても長い間放置していると
虫が湧く原因になるのです。

そのようなことを防ぐためため、
こまめな掃除を欠かさず行ないましょう。

ハムスターの餌に湧く虫については
まとめた記事がこちらにあります。

⇒ハムスターの餌に虫が発生!食べさせちゃったけど大丈夫?

知っておくととても役立つと思いますよ。

3.ハムスターのにおいの原因になる

ハムスターはとてもきれい好きで、
ペットの中でも特に、
嫌なにおいのしない生き物です。

しかし、隠した餌を放置しておくことで、
ハムスターに餌のにおいが移ることがあります。

また餌が傷んでいたり腐っていたら、
巣箱はかなりきついにおいになるでしょう。

たとえ1つの餌でも、
腐ってしまうとにおいがしてきます。

その中で寝たり過ごすハムスターも、
当然においがするようになってしまいます。

そうならないためにも
床材の中まできちんとチェックし、
汚れた部分の床材も交換するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回はハムスターが餌を隠す理由と、
見つけたときの対処法をご紹介しました。

ハムスターの習性が分かると、
さらにハムスターのことが
可愛く思えるのではないでしょうか?

ハムスターの餌を隠す行動は、
ごくごく当たり前のことなのです。

このように
ハムスターの習性や気持ちを理解することで、
ハムスターにとってより安心する環境を
作ってあげることができると思います。

そうする事で、飼い主にとっても
不安や負担のない環境へと
なっていくことでしょう。



ペットの『臭い』が気になる人必見!

ハムスターは小さい体でとても可愛らしいですが

意外に『臭い』が強い動物なので
洗濯物やソファの臭いが気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ハムスターの体臭対策に使える
・衣類に臭いがうつらない ・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などハムスターがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒やカラダのお手入れにも使えます。



飼い方



ハムきちといっしょ
タイトルとURLをコピーしました